オフィシャルブログ

HOME » オフィシャルブログ »  » 中小企業感覚でみた森友学園問題

経営

中小企業感覚でみた森友学園問題

2017.03.01

abe

森友学園問題国会やマスコミで盛り上がっています。約9億円の時価の土地を約1億円で森友学園というやや国粋教育の傾向が感じられる私立の学校法人に払い下げた問題です。民進党などは安倍首相の関与があるのではないかと予算委員会で追及しています。この予算委員会は基本的には予算を決める場ですが、一応国政の重要事項については話し合うことが通例になっているので森友学園問題が取り上げられているのかもしれません。中小企業で考えると経営会議で事業計画の詰めをやっているところで社長の不正疑惑が反対派閥の役員から出てきたようなものでしょうか。

さて、我が国の借金は約1000兆円です。あまりにも金額が大きくて感覚がつかめないので中小企業感覚で巨額の借金ということで10億円といったところでしょうか。1000兆円の借金のある国が約8億円の不正の問題を話し合っているということはほぼ10億円の借金のある中小企業が800円の社長の不正で侃々諤々の議論をしていることになります。単に金額的にとらえると近くの中華料理屋の800円のランチを社長が会社の経費に付けたみたいな問題です。あまり政治のことはわかりませんが、一国の首相が本格的に関与していた案件としては2ケタ以上小さい感があります。

要するに中小企業感覚では800円の支出で経営陣が侃々諤々の議論をしてはいけないですし、むしろ10億円の借金をどう返済するか真剣に話し合ってほしいと思うわけです。もちろん森友学園問題は憎むべき不正ではありますが、もっと差し迫った問題があると思うわけです。民進党も真面目な方々が多く不正を憎むのだとは思うのですがなんとなくバランス感覚が企業経営に携わっている人間からすると悪い気がします。

経営相談、講演依頼等は↓まで

http://ta-manage.com/form/

 

 

 

HOME » オフィシャルブログ »  » 中小企業感覚でみた森友学園問題

COPYRIGHT © 川井 隆史 公式サイト All Rights Reserved.