メールマガジン

HOME » メールマガジン » サンプル

サンプル

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

~目からうろこの経営者と幹部のための会計思考~

――――――――――――――――――――――――――――― サンプル号

はじめまして、発行人の顧問CFO 川井 隆史です。
ついにメルマガを発行することになりました。初めての発行なのでお見苦しいところが
あるかも知れませんが、よろしくお願いします。

サンプル号のメニューはコチラです。

■このメルマガについて
■社内コストは無視できない -たとえば実はコスト感覚がない企画部門
■編集後記

___________________________________

■このメルマガについて
___________________________________

このメルマガでは本などに書かれているいわゆる教科書的な会計の話はしません。
どちらかというと現場で実際に起こっている、または起こりがちなことに対して
会計的な考え方から掘り下げることによりいわゆる会計思考を体感してもらうものです。

_________________________________

■社内コストは無視できない -たとえば実はコスト感覚がない企画部門

___________________________________
夏ごろになると中堅規模以上の企業だと財務省や経産省からさまざまな調査依頼がきます。

お客様から見せてもらうのですが30~50%くらいは重複した内容です。正直言って

どこか統計局のようなところで一括してやって欲しいものです。しかし、これには当然

理由があります。これは後述したいと思います。

さて、企業も小規模なうちは意思決定しようと思っても必要なデータが集まらず、ある程

度勘や仮説で行わなければならないことは良くあります。しかし、だんだん会社も大きく

なって経営企画や営業企画などの企画セクションができると、かなりデータや資料は

充実したものになってきます。

本来のこのような企画セクションの目的というのは経営陣の意思決定に必要なデータや

分析を提供することにあります。一般的には真面目で優秀な人が配置されるセクションです。

しかし、実はこのセクションは一番コスト感覚がありません。大抵「分厚くてデータの

たくさん詰まった資料集を経営陣に提供する」のが目的になってしまいます。そのための

コストはほとんど考えていないといえるでしょう。

たとえば、20支店がある会社で企画部門が週次の報告を求めたとしましょう。その報告を

作成するのに支店スタッフが3時間、スタッフと支店長がレビューするために1時間かかったと

しましょう。そのコストは以下のようになるでしょう

3000円(スタッフの想定時給)x4=12000円
5000円(支店長の想定時給)x1=5000円
合計 17000 x 4週 x 20=1,160,000円

ひと月あたり116万円の費用がちょっとした報告を作成してもらうだけでかかっています。

結構安易に現場に資料作成を依頼する企画部門は少なからずあるのですが実は社内コストは

非常に高いものになります。コスト削減のための報告資料を作成のための目にみえない

社内コストの方が実際に削減したコストより大きかったなどという笑えない話は結構あります。

そして、企画部門自体は何も自分自身のデータがないため、彼らが一生懸命仕事をするほど、

現場への依頼は増えていき、目に見えない社内コストはどんどんかかっていくことになります。

さて、お役所の調査依頼も一緒で彼らの存在価値はとにかく資料を作ることにあります。

お役所はもっとコスト感覚がないので同じような資料作りも全く意に介しません。

多国籍の一流企業の経営陣は結構このあたりわかっている人が多く、無駄な資料作りなどは

嫌います。現場に無駄な資料作りなどを企画部門が要請していないか目を光らせています。

やはり現場は顧客や取引先のために大きな時間を割かなければならないからです。

企画部門をやり玉に挙げてしまいましたがわりとこのような社内コストの感覚は薄い会社を

多く見かけます。報告会議のコストなどいかがでしょうか?も同じように計算してみてください。

結構目に見えない社内コストの無駄は転がっているものです。

_________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからこのブログでは、ご利用いただいている皆さんに役立つ情報を提供
できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!            (川井 隆史)

___________________________________

メールマガジン「~目からうろこの経営者と幹部のための会計思考~」

☆発行責任者:顧問CFO 川井 隆史
☆公式サイト:http://www.ta-manage.com
☆問い合わせ:ta.management1118@gmail.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001640780.html

ご登録・詳細はこちら バックナンバーはこちら

HOME » メールマガジン » サンプル

COPYRIGHT © 川井 隆史 公式サイト All Rights Reserved.