オフィシャルブログ

HOME » オフィシャルブログ » 成長する仕事術

成長する仕事術

同一労働同一賃金がもたらすもの

2016.12.21

hiseiki

政府の働き方改革実現会議で非正規社員の処遇改善を促す「同一労働同一賃金」のガイドラインを示しました。簡単にいうと非正規社員の基本給、賞与、手当などの福利厚生を社員と同等にするというものです。基本給のポイントとしては職業経験・能力、業績・成果、勤続年数の3要素の基準で正規・非正規社員の働き方を評価して同一の評価には同一の賃金を原則としたことです。

私はこの中で問題になってくるのは「勤続年数」だと思います。確かに欧米では同一労働同一賃金の考えは比較的浸透していますがその一方で年功序列の考え方は日本よりかはかなり薄く反映されています。そもそも「勤続年数」によって昇給するというのは年功により「職業経験・能力」が高くなるということが仮定されています。皆さんの職場を見回しても確かに長い経験をもとに素晴らしい仕事をされている方もいる一方、長く勤務しても時代の流れについていけずにほぼお荷物になっている方もいます。調査資料等は発見できなかったのですが非正規のイメージとしては日本では現場仕事(製造、販売など)や比較的単純な事務仕事が多いと想像されます。欧米では一般的にこのような職種自体が低賃金で日本のように年功であまり賃金が上がりません。この同一労働同一賃金で正社員の待遇が下がってはならないと警戒する声はありますが人件費の上昇を避けたい企業としてはそのような方向に向かうのは当然でしょう。

一方で「職業経験・能力」、「業績・成果」で評価して同一評価であれば原則同一賃金ということはこのあたりをきちんと評価できる体制がなければできません。このあたりきちんとした評価体制が定まっている企業も多くないので早急に評価体制の構築が必要になってきます。

気になるのは公務員の世界です。公務員は年功序列が徹底した世界で以前はたとえば戸籍の受付でコピーしている中高年の男性が年収700万だとかで週刊誌などで叩かれていましたが、現在はそのような仕事は非正規社員に代わり全体的な人件費を下げています。しかし、同一賃金同一労働だとそのような人も長く勤めればどんどん給与を挙げていかなければなりません。当然それはできないので2~3年の期間雇用になると思われます。いわゆる非正規切りをやらねば多分まわりません。それとも民間のように年功序列の賃金体系を崩すのでしょうか?旗を振るべき公務員の世界で一番導入が難しいというのは皮肉なことです。

要するにこの同一労働同一賃金の前提としてきちんとした成果に基づく評価が前提となり年功による賃金は崩壊していくことになるということです

お問い合わせは↓まで

http://ta-manage.com/form/

副業は社員の力をアップさせるか?

2016.12.19

fukugyou

日本経済新聞で「社長アンケート100人」で8割の経営者が副業は認めないと答えたと新聞紙上で載っていました。理由として「本業がおろそかになる」「長時間労働につながる」「情報漏えいなどのリスクがある」の3つが挙げられていました。この中で最後の「情報漏えいのリスクがある」という部分については経営者として考えてしかるべきことであり理解できます。しかし、これは別に副業をしていなくとも情報を漏らすような人間は漏らしますし、機密漏えいに関する取り組みなどで手当てすることが対策で副業禁止という手段が有効とは思われません。

「本業がおろそかになる」「長時間労働につながる」は、従業員をほとんど頭の悪い中高生並みのレベルと考えているのではないかと首をひねります。そもそも社命を左右するようなプロジェクトなどに配属された人間はふつう副業などは考えないですし、副業での労働時間は自分でコントロールすればいいだけの話です。確かに、副業で普通の会社員が夜中にコンビニや飲食店、女性社員がスナックやクラブで働くような時間を切り売りする形は本業に悪い影響を与えるケースが多いとは思います。しかし、その際はきちんと査定で反映する仕組みがあれば、本業に悪影響を与えるような副業は自主的に止めるはずです。

私も副業をやりながらサラリーマン生活を送っていた時期がありますが、本業に支障が出ないよう一層本業も集中して仕事を行っていた気がします。また、会社関係とは関係ない人脈が広がり視野や発想も広がったという実感があります。逆にたとえば米国企業の3MやGoogleなどは別に副業は推奨していませんが、あえて本業とは関係ない事項に時間の25~30%を使うことを奨励しています。日本の会社はそもそも同質性が強く、金太郎あめ的発想がはびこりがちです。日本の会社の経営陣の方から「うちの社員からはユニークな発想が出てこない」などと嘆きをよく聞きますが、副業禁止で本業のみに集中しなさいなどのカプセルに閉じ込めるような管理をしておきながら明らかな自己撞着ではないかと思うわけです

お問い合わせは↓まで

http://ta-manage.com/form/

 

フリーランスの時代は来るか?

2016.10.31

Free

日本経済新聞で「働く力再興」という連載を行っています。その中でエアコン修理のKAISEIエンジニアリングが倒産の危機に際して、10人の程のエンジニアを個人事業主として独立させた記事が載っていました。この会社は年商が6倍になり従業員も年収が2倍近く稼ぐつわものもでたようです。

自分の会社員時代と独立してから比較をしてみると別に会社員時代も必要と思えば休日出勤もしていましたが、なんとなく気が重かったのと妙に疲れたことを思い出します。独立してからも土日や祝祭日働くことはむしろ多くなった感は強いですが別に平日に働くのとさほど感覚は変わりませんし、別に土日や祝祭日だから疲れるということはありません。おそらく会社員時代に休日出勤するときは上司からかなり無理な期限で資料の作成を依頼されたり、酷い例としては社内の連絡が悪くたなざらしになっていた事項を急遽片づけなければならないこともあり、こういった精神的な納得感がえれないことが原因ではないかと思います。

現在は独立しているので顧客から休日や深夜までかかるような仕事を依頼された場合嫌なら断ることは可能です。中にはいわゆる「業者扱い」で低料金で過重な要求をする方というも存在しますが基本的にはお断りします。やはりこのような仕事を受注するとストレスで他の仕事の品質にも支障が出ることがわかったからです。一方で自分で責任を持って引き受けた仕事は期限までに終わらせなければいけませんから土日だろうと深夜早朝だろうと必要なら仕事して終わらせなければなりません。納得して引き受けているので極端な話、長時間労働でも苦になりません。ただし、一方で平日でも休もうと思えばいつでも休めるので(仕事が詰まっていればそう簡単ではないとはいえ)精神的には楽です。

ただ、私も一概にフリーランスを勧めるものではありません。一つにはフリーランスになるだけの専門性が必要だと思われます。独立したKAISEIエンジニアリングの社員も「技術者」とあるので何らかの専門性があるものと思われます。しかし、単なる専門性だけでは難しい時代が来ているのかもしれません。以前クラウドワークスというクラウドで仕事を受注するサイトにおいて月収20万以上を達成した方がたった111人(全ユーザーの0.014%)という衝撃のデータが公開されて話題になりました。また、私の業務の一つである税務士業務などもダンピングが激しく月1万以下の顧問料などもネットに氾濫してます。

一つは差別化でなんらか専門性に磨きをかけて勝負していくことが重要かと思います。たとえば単にWebデザイナーというだけでは世の中にたくさんいますのでどのような点が他の人と違うのかアピールしていく必要があります。しかし、安定的、継続的にビジネスを行っていくにはある程度ビジネスモデルの構築が必要でしょう。実はフリーランスと言っても一人で誰にも頼らずやっている人はまれで、様々な人間関係・法人関係を駆使してビジネスモデルを組み立てて仕事の規模を大きくしている人は成功しています。組み立て方によっては単なる差別化ではなく競合ゼロを目指せます。

当然優秀な人々が大企業でバリバリと働いて能力を発揮されるのは素晴らしいことですが、一方優秀なのにくすぶっている方々が少なからず存在している気がします。そのような方々がどんどん能力を発揮できるような世の中になっていくためにはフリーランスというのも重要な選択肢であると思います。ただし、フリーランスになるにしても専門性を磨いてきちんとしたビジネスモデルを構築して競合ゼロを目指してほしいものです。

競合ゼロを目指すビジネスモデル発想法講座

http://www.entrelect.co.jp/other/b_model.html

その他のお問い合わせ

http://ta-manage.com/form/

 

「すぐ成長する仕事術」出版裏話

2014.09.09

すぐ成長する仕事術が9月11日に発売します。本音を言うと外資系企業や上場ベンチャー企業などでCFO(最高財務責任者)など責任ある地位である程度の成果は出せたとは思いますが、特に他人に誇るような特殊な仕事術などは持ち合わせているとは自分自身思っていませんでした。しかし、日本実業出版社の編集者の方と簡単に打ち合わせの際、「こんな考え方を仕事について持っています」的な話をしたところ非常に感心され、それに勇気づけられて執筆したというところです。

自分自身は特に大学時代に優秀だったということもなく特に大したスキルも身に着けることのないまま、ダラダラと過ごして社会人になってなぜか少し目覚めて努力したという話です。ただ、社会人の出発時点でさまざまな経験やスキルなどはほぼ積んでいない人間が20代の後半から一念発起して変わっていったということですから、比較的広い層の方に役立つのではないかと自負しています。

自分の強みは会計や事業計画の作り方だと思っていたのでやや人材育成的なテーマは特に強みと思っていませんでした。自分の得意なことをやるプロダクトアウト(生産物優先)ではなく、出版の世界でもマーケットイン(市場優先)的な考え方が重要なわけです。

編集者のおかげでもありますが自分の意外な面が引き出された点で今回の出版は良い経験であったと思います。

1 / 11

HOME » オフィシャルブログ » 成長する仕事術

COPYRIGHT © 川井 隆史 公式サイト All Rights Reserved.