代表ブログ

HOME > 代表ブログ > 社会福祉法人関連 > 寝たきりゼロをめざす一つの方法

寝たきりゼロをめざす一つの方法

2018.05.30 カテゴリ: 社会福祉法人関連

 

私の母はもうすぐ83歳になりますが、80歳を超えたあたりから急に衰えが目立つようになりました。歩くのもやっとで外出もあまりしません。たまたま私が大手社会福祉法人の会計監査人をしていることもあり、近所に老人支援施設ができることを知り、そこの介護予防教室に通ってもらうことにしました。

 約500メートル強くらい距離があるのですが、歩いていくのが大変そうです。幸いまだ父親が元気なので付き添っていってもらっていますが、やはり簡単ではありません。母親も良い気分転換になり良い施設だとは思いますが手軽さは足りないですね。私のケースはたまたまさほど遠くないからいいものの、このようなハコモノやたら作るわけにはいかないでしょう。また父親も衰えてきたらどうしようと不安です。

 そういった意味で本当は一生元気でいられるように家で手軽にできるようなことがあればいいなと思っていました。実は同じようなことを考えられた方がいて始めたのがホームトレーナー制度です。これは何かというと老人の方が簡単に家でできるような軽い筋トレ体操をペアでやるといったものです。想定としては老人の方の家族の方をホームトレーナーとして育成して家で一緒に体操をやります。ホームトレーナー育成というとたいそうなことに聞こえますが普通の方が半日弱程度で身につく程度のものです。ペアでやるので3日坊主にもなりにくいですし、安全、しかも家族の交流にもなります。橋本さんというこの講座を受けられた方は父親が筋トレの効果で歩くのが好きになったとともに、2人で体操をするのでコミュニケーションもよくなったと話されていました。

 こういった家で手軽にできる体操の習慣などが広まると特に地方などは介護予防の効果すごく高いと思います。是非普及してほしいと思いました。

*******************お知らせ************************************************************************

https://camp-fire.jp/projects/view/77169?token=zr3u1o9k

 今回このような活動を全国に広めるたえにDVDと様々なトレーニングメニューを開発するためにクラウドファンディング始めたそうです。もし賛同される方がいらっしゃいましたら以下見てください