オフィシャルブログ

HOME » オフィシャルブログ »  » すき家の値上げ -数字で検証する

会計

すき家の値上げ -数字で検証する

2015.04.03

今朝各紙ですき家の牛丼値上げがニュースになっておりました。自分は吉野家派であまり

すき家は利用しませんが基本的に牛丼のあのジャンクな味は大好きなので気にはなります。

さて、昨年の牛丼280円だった時期の財務諸表の数値を比較しています。(すべて

2014年連結の数字ですので牛丼でない業態も入っています)

 

 FL比率は原価と人件費の売上に対する比率です。ここでは本社部門の人件費も入ってしま

っていますがおおよその限界利益率に近い指標になると思います。ここですき家の原価率

競合に対して高いことがわかります。一方で売上高人件費率が低いため、FL比率的には

吉野家より良くなります。この姿勢が深夜のワンオペなどで批判されるところかもしれま

せんがまた、販管費率も低く、スリムな体制で利益を出すという考えが すき家にはある

のでしょう。今年の第3四半期を見るとすき家の原価率は43%まで上昇しており、これが

記事で述べられているように輸入牛肉の価格の影響なのでしょう。同業他社は早々と値上

げをしたのですがすき家はスリムな体制で乗り切ろうとしたものの財務的に耐えられな

かったというところなのでしょう。

<牛丼>300円台、横並び…すき家15日に再値上げ(毎日新聞)

牛丼チェーン最大手のすき家が15日から全国1956店(沖縄県を除く)での牛丼の値上げを決めたことで、デフレの象徴だった業界各社の価格競争は沈静化する。輸入牛肉などの原材料費や人件費の上昇を吸収しきれなくなったことが要因だ。ファストフード業界は、弁当などを充実させるコンビニエンスストアなどとの競争にも直面しており、顧客をつなぎ留めるアイデア創出に必死だ。
【グラフ】牛丼(並盛り)税込み価格の推移
◇原材料、人件費高騰…企業努力に限界
「牛肉価格、人件費、電気代の三つが高騰している。350円は消費者に受け入れられるギリギリの価格だ」。すき家本部の興津龍太郎社長は2日記者会見し、昨年8月に続く再値上げに理解を求めた。
並盛りは291円から350円に、大盛りは410円から470円にするなど、牛丼関連メニューを42~62円引き上げる。すき家によると、中国など新興国の需要増や円安の影響で、牛肉の輸入価格は昨夏に比べ1.5倍程度に上昇。景気回復による外食業界の人手不足に加え、深夜の1人勤務「ワンオペ」解消のためアルバイト従業員を増員したことで、人件費も増えている。
牛丼業界では、昨春以降、価格の引き上げが相次いでいる。大手3社は昨年3月まで280円で横一線だったが、吉野家が昨年4月に300円に改め値上げを先導し、12月に380円に再値上げした。松屋は昨年7月に、290円の牛めしを関東の店舗を中心に380円の「プレミアム牛めし」に切り替えた。
すき家は昨年4月に270円に値下げした後、8月に291円に値上げしたが、「300円以下」の一線を貫いてきた。すき家を運営するゼンショーホールディングスの2015年3月期の連結最終(当期)損益は102億円の赤字に転落する見通しになり、コスト引き下げ努力の限界を超えたと判断した。
値上げに合わせて牛肉や玉ねぎを2割増量するといい、興津社長は「新しい価値は消費者に必ず受け入れられる」と強気だ。
業界では値上げに合わせて客単価は上昇しているものの、客数は減少傾向が続いている。吉野家の1~2月の既存店売上高が前年比マイナスに沈んだことが競争の激しさを裏付けている。
野村証券の繁村京一郎シニアアナリストは「値上げしても業界最安値であることは変わらない」とすき家の競争力に太鼓判を押すが、「300円以下という価格が選ばれた面もあり、一時的に客足が遠のく可能性は否定できない」と指摘した。【神崎修一】

HOME » オフィシャルブログ »  » すき家の値上げ -数字で検証する

COPYRIGHT © 川井 隆史 公式サイト All Rights Reserved.