今の経営で、3年後まで生き延びる自信はありますか?
今の経営で、3年後まで生き延びる自信はありますか?

“コンサルタント”や“先生”ではなく“パートナー”です

的確な決断と行動がとれる会社を一緒に創っていきましょう

実は私はコンサルタントや先生という言葉が好きではありません。自分のイメージとしてコンサルタントや先生は客観的に外部からアドバイスをする専門家で、アドバイスを実行するのは経営者の責任といった感じがあります。しかし、どんな素晴らしいアドバイスも実行されなければ意味がありません。私は経営者の方々と苦しみも分かち合いながら的確な決断と行動がとれる会社を創り上げ、実行の部分まで手を携えていくという意味を込めて「パートナー」と呼ばせていただいております。

経営環境が日々著しい変化を遂げている現代では、的確な状況判断力と経営のスピード化が何よりも求められます。状況判断や行動が遅いと競争に打ち勝っていくことは難しいですし、一方迅速だが過去の経験や勘だけに頼っていると一時期は成長しても、大きな失敗で一気に倒産してしまう、打たれ弱い会社になってしまいます。あるべき姿と現状の比較分析、そして意思決定された案件が現場に落とされ具現化されるまでをできる限り速やかに行うこと。

つまり、PDCAの管理サイクルをスピーディに回すことが求められます。

もっと読む

成長を支える経営パートナー

経営顧問(顧問CFO)
-ベンチャー・成長企業対象

CFOとは最高財務責任者ですが単なる経理の部長ではなく経営者のパートナーの役割を果たしています。

経営者と二人三脚で会社の土台を固める人材(経営パートナー、CFO)となります。 一流CFO (年収1500万~)のエッセンス部分のみを顧問CFOで費用を押さえつつ補強していく仕組みです。

3社限定とさせていただいております。(現状2社)

社外監査役も承っております。

理念・ビジョンに基づく
事業計画の策定・運用

ビジョナリー事業計画
策定・運用

経営理念・ビジョン、そしてビジョンを達成するための経営方針づくりからお手伝いします。

事業計画策定から実際の運用までサポートします。

事業計画を支える予算管理・ローリング予算制度の導入支援を行います。

経営数値把握力を強化

会計・税務顧問
ベンチャー企業・外資系企業に強みがあります

  1. 経営相談に強い
  2. 相談がしやすいパートナー
  3. 英語・英文での説明、英文財務諸表、国際会計基準対応等が可能
  4. 経営のワンストップサービスを実施
  5. バランスのとれた節税を提案

幹部社員研修

すぐ成長する
幹部社員を創る研修

  • 経営理念・ビジョン・方針研修
  • すばやく行動できる幹部社員の仕事術研修
  • 数字がわかる社員になるための研修

Information一覧

2017.06.28
監査改革で欠けているもの
2017.06.26
豊田真由子氏の暴言はエリートの傲慢か?
2017.06.23
Amazonが独自の配送網
2017.06.21
真面目な納税者泣かせの広大地評価は変わるか?
2017.06.19
産業医の権限強化は役立つか?

COPYRIGHT © 川井 隆史 公式サイト All Rights Reserved.